なぎさ歯科のこだわり


患者様に安心して頂くためのこだわりです。

カウンセリングルーム
カウンセリングルームにて、資料を使ったわかりやすい説明を心掛けています。
口腔内カメラ
口腔内カメラで、お口の中の状態をご覧いただきながら説明を行います。
滅菌パック
患者様おひとりずつ、治療の直前に新しい滅菌の袋を開封し、清潔な器具で治療を受けていただいております。
ミストシャワーアロマ
歯科特有のにおいをやわらげるアロマの香りは患者様の緊張をほどき、リラックスした状態で治療を受けていただけます。
デネットシステム
歯周病の管理ソフト「デネットシステム」を導入しております。
歯周病に関する様々なデータをわかりやすいグラフやイラストで表示し説明しています。
わかりやすい説明資料
初診時や定期検診ごとに虫歯や歯周病の検査結果のデータをお渡ししています。
イラスト付きで患者様一人一人のお口の中の状態を説明・治療に役立ちます。
リーフレット
当院では様々なリーフレットのご用意もしております。
実際に閲覧して頂いたり、お持ち帰り頂くことも出来ます。

なぎさ歯科のおすすめ!こだわりの予防グッズ

【歯と歯の間の清掃】

~歯間ブラシ~
年齢を重ねるごとに歯茎は少しずつ退縮します。それとともに歯と歯の間の隙間は少しずつですが、大きくなり、そこに汚れが付きやすくなります。歯ブラシだけでのお手入れだと歯の汚れは約42%しか落とせていないと言われています。

歯間の汚れは根面の虫歯や、歯周病発症の原因にもなります。歯と歯の間の汚れはハブラシだけでは取り除くことができませんので歯間ブラシを使用するのがお勧めです。人それぞれ歯と歯の間の隙間は違うので、当院では歯間ブラシのサイズ合わせや、使い方のコツやポイントをご説明させて頂いております。

~フロス~(糸ようじ)

ご存じない方も多数おられると思いますが、フロスは、歯間ブラシでは落としきれない歯と歯が隣接する面の清掃に使います。

歯と歯が隣接する面の部分に関しては年齢関係なく、むし歯のリスクが高い部位です。むし歯になりやすい方にはぜひとも使って頂きたい補助用品ですが、使い方が少し難しいので検診時に実際に使い方を丁寧に説明させて頂きます。

~ウルトラフロス~(糸ようじ)

フロスではどうしても難しい方などに是非試していただきたいのがウルトラフロスです。

市販の糸ようじとの違い

☑フロス部分にわずかなたるみを持たせることで束状のフィラメントが歯面に巻きつくように広がり、効果的に歯垢を除去できます。

☑丈夫でもちやすく、操作性に優れた独特のY字ホルダーになっており、前歯から奥歯までしっかりお手入れできます。

☑耐久性に優れたテクミロンTMフロス。ハブラシと同じように繰り返し水で洗って使えるので経済的です。

☑テクミロンTMの摩擦抵抗力は少ないため滑りが良く、きつい歯間部でもスムーズに入り込みます。

※スーパーフロス(ブリッジ部分のお手入れ)

ブリッジの歯のダミーの部分はどうしても食べかすや歯垢がたまりやすくなり、不潔になります。歯周病や虫歯の原因になりますので使い方は少々難しいですがおすすめです。
(ブリッジとは、歯を抜いた部分を、前後の歯を支えにし橋渡しして被せを入れて補う方法です。)
使用方法などはお気軽にスタッフにお尋ねください。

CHECK-UP standard

この歯磨き粉は高濃度フッ素配合で、再石灰化を促進し、むし歯の発生、進行を予防します。やわらかめのペーストなのでお口の中の隅々までフッ素が広がります。

泡立ちが多かったり、味が濃かったりするとすぐにゆすいでしまいたくなると思います。歯磨き後は出来るだけ歯磨き粉に含まれているフッ素をお口の中に残しておくのが理想的です。

何度もうがいをしてしまうとお口の中のフッ素が流れてしまってフッ素の効果が減ってしまいます。

その点CHECK-UP standardは低発泡で味もマイルドなのでうがいの回数も少なく済み、ミントが苦手な方でも歯磨きしやすい歯磨き粉です。お子様用にもブドウ味や、アップル味などもございます。

【フッ素ジェル】

寝ている間、唾液の量が減るので虫歯菌が繁殖しやすいです。夜の歯磨き後に歯ブラシにこのフッ素ジェルをのせてお口の中全体に広げるようにして、うがいせずにそのまま就寝していただくことによって、歯がフッ素ジェルでコーティングされ、虫歯予防に効果が期待されます。このジェルは飲み込んでも大丈夫です。

【歯垢染色液】

歯の汚れは鏡で見てもどこについているのか、どれぐらいの量の汚れがこびりついているのか、わかりにくいですよね。この はみがき上手PROは残りがちなところの歯垢に色をつけて磨き残しの部分が分かりやすいようにします。歯磨きする前に使って、歯磨きの練習に使ったり、

歯磨きのあと、しっかり磨けているかの確認にも最適です。家族みんなで使える大容量タイプの180mlと、試してみたい方向けのお手軽な69ml2種類ご用意しております。

【ルシェロホワイト】(歯磨剤)

■ステイン(着色汚れ)が気になる方
■タバコの「ヤニ」が付着している方
■白さを持続したい方(ホワイトニング後やプロフェッショナル後)
■輝く白い歯で、笑顔に自信を持ちたい方

こんな方におすすめの歯磨き粉です。

一般的な美白系歯磨き粉に含まれている清掃剤の硬さは、天然歯よりも硬く、歯に傷がつき、その傷に汚れが入り込み、着色汚れが付きやすくなります。起こることがありますが、ルシェロホワイトに含まれている『Lime粒子』は歯よりもやわらかく、キメ細かい粒子です。そんなLime粒子が高濃度に含まれているので着色汚れを落とすのにもってこいの商品です。お値段が¥1,980と少し手を出しにくい金額ですが、朝はいつも使われている歯磨き粉を使って頂き、夜の歯磨きの際にルシェロホワイトを使用して頂くといった使い方がおススメです!

一度使った方は愛用される方が多いです。スタッフも愛用中!

【ケアポリス】

薬用プロポリス成分高配合、研磨剤・発泡剤・防腐剤無配合の天然由来成分配合の歯肉ケアジェルです。

プロポリスとはミツバチの巣箱を守るために樹木や新芽の分泌液とミツバチ自身の唾液を混ぜ合わせて作る物質です。強い殺菌力と免疫力を高め、抗炎症作用があります。

歯肉炎、歯槽膿漏の予防はもちろん、口の中の粘膜に傷ができたり、口内炎ができた時に使用して頂くと、ご自身の免疫力を高め、治りが早くなります。

Systema SP-Tシリーズ

Systema SP-Tシリーズは口腔環境のリスク軽減を目指すセルフケアサポートシリーズです。

【システマ SP-Tメディカルガーグル】

CPC(セチルピリジニウム塩化物水和物)が浮遊菌を殺菌。水で薄める(希釈)タイプのうがい薬です。

<効能・効果> 口腔内及びのどの殺菌・消毒・洗浄、口臭の除去

【システマ SP-Tジェル】

殺菌成分(イソプロメチルフェノール)に加え、歯ぐきの防御成分ビタミンE配合で歯周病を防ぎます。

無研磨ジェルタイプの歯磨剤。

<効能・効果> 歯周病(歯周炎・歯肉炎)を防ぐ、出血を防ぐ、口臭の防止、虫歯の発生及び進行の予防

予防歯科先進国のスウェーデン発祥の歯ブラシです。

テペの歯ブラシは、独特の台形状ブラシヘッドと、自然に最良のグリップを得られるハンドルによって効果的なブラッシングができます。また、毛先にはラウンド加工が施されており、快適なブラッシングを可能にします。

スタッフが実際に使ってみた感想としては、毛先が柔らかく、歯にフィットしてくれて、磨き心地もすごく気持ちいいです!

歯と歯ぐきの境目をめがけて磨いていただきたいのですが、その際の不快感も少なく、磨き終わった歯もツルっとしていてスッキリしますよ。

ハンドルの色もたくさんご用意しておりますのでご家族でも色がかぶらず使って頂けます。

ぜひお気に入りの1本を見つけてください!

TePe テペ 歯間ブラシ】

3SからLまでのサイズ展開でご用意しております。

メタルワイヤーは歯面や歯肉を傷つけないようにプラスチックでコーティングされ、それぞれの色によって識別しやすくなっています。

キャップはブラシを守るのはもちろんのこと、後部に差し込むことにより、ハンドルとしても使用できます。テペ独特の平たくて持ちやすいグリップです。

【音波歯ブラシ フィリップスソニッケアー】

ソニッケアーは、粘着性の高い歯垢を効率的に除去するために、毎分約31,000の高速振動と、ブラシヘッドの幅広い振幅によって「音波水流」を発生させ、唾液を利用した液体流動を作ります。

その「音波水流」によって、優しく、効果的に歯垢を除去します。

■2分というわずかな時間
■ブラシを歯と歯茎に当てるだけ
■毛先の届きにくい部分の歯垢も落とす

そして3つの効果!
□歯周病対策に 歯垢除去力、手磨きの最大10倍

□やさしい 手磨きの約50%のブラシ圧で歯と歯ぐきに優しい

□より白く 約1週間で手磨きよりきれいで自然な白い歯に

※ホワイトプラスブラシヘッド使用時

<テーラーメイド>

歯科医師、歯科衛生士があなたのお口の中の状況をチェックした上で、ご要望などもうかがいながら、専門的な立場で最もふさわしいブラシを選び、お買い求めいただく販売方式です。

本体もいくつか種類があるのですが、機能の違いなどによってお値段も変わってきます。

ご希望があればお気軽にスタッフにお尋ねください!

無料メール相談

求人募集

なぎさ歯科のインスタグラム

スタッフが随時更新♩ よければフォローをお願いします!
フォローしていただくと、ささやかなプレゼントがあります

新型コロナ感染症対策について

ページ上部へ戻る